新型コロナのワクチン接種について

時期

安全で有効なワクチン接種が承認され、供給できるようになれば、2月下旬から医療従事者に最初の接種が始まります。その後、高齢者、基礎疾患を有する方等から順次接種が始まります。

接種回数

2回接種となる予定

接種の優先順位

  1. 医療従事者
  2. 高齢者 令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方、高齢者施設で働かれている方
  4. それ以外の方

妊娠されている方や、子供が接種の対象となるかは、安全性や有効性の情報を見ながら検討されています。

基礎疾患を有する方とは、現在重症化のリスク因子を持つ方として

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 慢性腎臓病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心血管疾患
  • 肥満(BMI30以上)

検討されている要注意な基礎疾患

  • 生物学的製剤使用
  • 臓器移植後やその他の免疫不全
  • HIV感染症
  • 喫煙者
  • 妊婦
  • 悪性腫瘍

などです。

現在接種順位は関連学会から提出された意見に基づいて検討されている最中です。 そして、基礎疾患を有することを証明する書類については、医療機関が判断するのか、自己申告制を取り入れるのかなど、現在検討されています。

接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村
入院中の方や、現在基礎疾患で治療中の方等は、住所地以外での接種となることもあります。
医療従事者等の接種場所については勤務先から知らされます。

接種を受けるための手続き

  1. 接種時期の前に、市町村から「接種券」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。
  2. 接種可能な時期が来たこと確認ください。
  3. ワクチンを受けられる医療機関や接種場所を確認してください。
  4. 電話やインターネットで予約してください。
  5. ワクチンを受ける場合には、「接種券」「本人確認書類」を必ず持参ください。

接種を受ける際の費用

無料

接種を受ける際の同意

強制ではありません。
ワクチンによる感染症予防効果と副反応のリスクは理解した上で、自らの意思で接種を受けることになります。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

新型コロナワクチン接種についても、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

以上が現在(令和3年1月21日)に決まっていることですが、検討中の課題もあり変更されることがあります。

参考資料 厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html


【備考】ブログランキングに参加しています。
この記事が面白い!役に立ったと思われた方は、下記リンクをポチっとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

 

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

ピックアップ記事

災害時の衛生対策と防災食

2021.3.10

災害時の衛生対策と防災食

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆  フ ァ ミ リ ー 薬 局 …

ストレッチマスク値下げしました!

2021.3.3

ストレッチマスク値下げしました!

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆  フ ァ ミ リ ー 薬 局 …

花粉症に悪い食べ物|花粉症状に加えて発症するアレルギー症候群とは?

2021.3.2

花粉症に悪い食べ物|花粉症状に加えて発症するアレルギー症候群とは?

花粉症の時期、アレルギー薬が手放せない方も増えているのではないでしょうか。 薬で症状を止めたり、花粉症の時期に食べた方がよいとされる…

マスクによる肌トラブル

2021.1.8

マスクによる肌トラブル

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆      フ ァ ミ リ ー 薬 局   http…

2019.7.16

熱中症にご注意

日本気象協会は2019年の夏は、6月は全国的に平年並みか高く蒸し暑く感じる日が多く、7月から8月にかけての気温は平年並みで猛暑になる日もあ…

おすすめ記事

Return Top