授乳中でも使用できると考えられるお薬

産後のママは赤ちゃんのお世話や家事、また夜中の授乳などで毎日睡眠不足で疲労困憊ですよね。

そうなると、免疫力も下がり、風邪もひきやすくなります。授乳することにより、いつもより体から水分が失われるので、便秘にもなりやすくなります。

長時間、赤ちゃんを抱っこすることによって肩こりにもなります。また、疲れや鉄分不足、肩こりによって頭痛に悩まされることもあります。
そして、体調が優れないママは自分の為に病院へ行く時間もなく、自分のことは後回しになっていつも我慢してしまいます。ママの体調が悪くなっては子育てが出来なくなってしまいます。赤ちゃんのためにも、まずママが元気になってください。

医療機関を受診して薬をもらうことをお勧めしますが、忙しくて病院へ行くことができない。

そんなママのために、“授乳中でも使用できると考えられるお薬”を紹介いたします。
風邪薬を服薬してから、約30分後にその成分が体内の血液中に含まれ始め、1~2時間後に最も血液濃度が高くなると言われています。
つまり、服薬のベストタイミングは授乳直後になります。また、授乳中の赤ちゃんの月齢によっても変わってきます。

月齢が低く、新生児の場合には肝機能や腎機能が未熟で薬を排出する機能がまだ完全でないため副作用が出る可能性が高くなります。
生後6か月ごろになると離乳食も始まり、母乳の量も徐々に減少してきますので、お母さんが服用した薬の影響も少なくなってきます。

 

>>>続きはこちら

 

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

ピックアップ記事

災害時の衛生対策と防災食

2021.3.10

災害時の衛生対策と防災食

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆  フ ァ ミ リ ー 薬 局 …

花粉症に悪い食べ物|花粉症状に加えて発症するアレルギー症候群とは?

2021.3.2

花粉症に悪い食べ物|花粉症状に加えて発症するアレルギー症候群とは?

花粉症の時期、アレルギー薬が手放せない方も増えているのではないでしょうか。 薬で症状を止めたり、花粉症の時期に食べた方がよいとされる…

マスクによる肌トラブル

2021.1.8

マスクによる肌トラブル

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆      フ ァ ミ リ ー 薬 局   http…

パルスオキシメータの使い方|上手く計測できない場合のチェックリスト

2021.6.1

パルスオキシメータの使い方|上手く計測できない場合のチェックリスト

パルスオキシメータは、血液内の酸素飽和度を手軽に調べられるということで注目されています。 これによりコロナ感染や肺炎などの疑いを、参考程度…

おすすめ記事

Return Top